知らずにやってる大きな間違い

『あなた猫背になっているよ!』と怒るように注意していませんか?

子供の気持ちでは『大好きなお母さんに嫌われる』と思い存在を否定されたように受け取ります。

毎回注意される度に『何度言われても出来ない…自分はダメなんだ』と自信をなくしていきます。

そして、卑屈な性格と姿勢が身に付いていきます。

間違った常識

このように姿勢を指摘された経験はかなりの方が経験していると思います。

医療機関でも、個々に原因を特定しないまま

『運動不足だからスポーツでもやってみたら?』と言われるだけです。

【姿勢矯正ベルト】【座って矯正出来るイス】【楽になるクッション】など姿勢に関するグッズもたくさん出回っています。

試したことがありますか?

かなりのストレスを感じます。

このストレスに慣れてしまうのも、実は大きな間違いなのです。

姿勢が悪くなる習慣と原因

では、なぜ悪い姿勢をとってしまうのか?

これを考えれば、改善に大きく前進していきます。

人それぞれ原因が異なります。

なので、Aさんに効果的だった方法が必ずしもBさんにも効果があるとはいえません。

でも、これをすると必ず姿勢が悪くなる

①脚を組む

②横座り

③寝ながらTVを見る

これらは全て体の軸が乱れる姿勢です。

日常的におこなっている方は要注意です。

他にも悪くする原因はありますが、個々に作用の仕方が違います。

なので一例を挙げます。

最も影響を与えるのは『ストレス』です。

特に我慢している時に体に現れるケースが多くあります。

なので、ストレスと感じることに日常的に晒されている方も気をつけましょう。

対策方法

正しい姿勢を身につけるには、自己判断でやらないことです。自分の感覚が乱れてしまっているので、上手くいくことはありません。

それよりも、今の自分はこの体勢が楽に感じているんだということを認めてあげることです。

自分を知ることで、現在地がハッキリしていきます。

一度取り組んだことがある方はお分かりだと思うのですが、やりだしてしばらくすると身体に異常を感じて不安になります。

『このまま続けていても大丈夫なんだろうか?』『かえって身体を悪くしないかな?』そんな不安も現在地が分かっていれば納得でき安心します。

なぜ姿勢を崩すのか?

何故?崩れた姿勢を楽だと感じるのでしょう?

片脚で立ち続けるのは、とても辛いですよね。

でも、楽な姿勢を取る時にこのような姿勢をしませんか?

この姿勢では左足に体重を集中させて、左の下半身と腰部の筋肉を活動させて、右の上半身を使ってバランスを取っています。

なので、右の下半身・左の上半身を休めることができます。

ということは崩した姿勢にはメリットがある

ということです

ただし、日頃からこれを習慣にしていると問題です

休めている筋肉は支える力を失って

ますます使う筋肉のみが強化されます

なので休息をコントロールすることが重要です

正しい姿勢の身につけ方

崩した姿勢が“楽”と感じるように

整った体だと姿勢を正すのが“楽”と体感することが近道です

 

姿勢は強制するものではなく、気付きなのです。

その為には段階的に体づくりしていく必要があります。

矯正器具もその過程で使用することは、全く問題ありません

装着することで“楽”と感じられるならです。

 

姿勢を変えるには、自力では困難です。

専門家にアドバイスしてもらい、おこなう方が短時間で結果が出せます。

 

長らく今の姿勢が続いているということは

あなたにとって、その姿勢が“楽”だからです。

取り組み始めると最初は違和感が強く『このまま進めても大丈夫だろうか?』と

不安な気持ちが芽生えます。

そういった部分でも、専門家ならば先に起こることを予見できるので

適切なアドバイスが得られます。

 

しかし、そのようなアドバイスがない先生は知識だけで

自分自身が取り組んだ経験がないのかもしれません。